目に良い栄養素

簡単にできる対策とは

パソコンやスマホ、テレビの画面を長時間見ていた後の目の疲れは、目の血管の血行がよくない時に起こります。熱めのおしぼりやホットアイマスクを使って血行を良くしてあげましょう。充血しているときは冷やしたおいぼりが効きます。目の疲れと充血を同時に取るなら温かいものと冷たいものを交互にするとよいでしょう。 パソコンなどの画面をずっと見続けていると、まばたきも少なくなりドライアイになる危険性もあります。またブルーライトを発するパソコンやスマホなどでブルーライトを過度に浴びると目の疲れから加齢黄班変性を引き起こす可能性もあるといわれています。 目の疲れが溜まって酷くならないうちに、休憩を取って目を動かす体操をしたり目のツボのマッサージをしましょう。ビタミンを多く含む食事を心がけ、ブルーベリーや黒酢などを食品やサプリメントで補充することも目の疲れには効果的です。

目の疲れに効く栄養素

目の疲れ対策の栄養食品で以前から注目されているのがブルーベリーやエルダーべりー、ビルベリーなどです。光を脳に伝える働きをする物質のロドプシンは毎日消費されていきますが、アントシアニンにはそのドロプシンの再生を活性化する働きがあり、これらのベリー類に含まれているアントシアニンが視覚機能を改善してくれるのです。黒酢は血液をサラサラにする働きがあり、それが血管が多く集まっている目にも作用して血行を良くするのです。眼球内の水晶体や網膜の酸化を防ぐ機能を持つルテインも目に有効な栄養素です。 最近ではこのような栄養素を組み合わせた健康食品や20種類以上の栄養素が一度に取れるサプリメントが販売されています。体操やツボ押しと共に毎日の食事だけでは取りきれない目のための栄養素を取り入れて目の疲れを克服しましょう。

ページのトップへ戻る